更新停滞日記。

のんびりまったりまいぺぇす。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by そいちろ | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

27 2006

転売。

さて、転売についてどう思う?とのご意見がありましたので、
ぽつぽつ書いていきます。
転売そのものに対して意見を出すよりは、題名を

「転売を嫌と思う人」と
「転売を容認している人・実際にやっている人」の討論を眺めて。

と変えたほうがいいかなぁ。

あー、毒有るんで|_ノ`)

先にご質問の答えを。
結論からいってしまうと、
転売について僕はどーとも思いません。
売主は「この値でよい」と判断してうりに出しておりますし。
転売した人間に対して「自分の事で」あれこれと言うのは筋違いだと思います。


さてさて、「転売は嫌」という方と
「転売は別に良い」と考える人で、
どうしてこう考えに「差」がでてしまうのだろうか、と考えてみますた|ω・`)b。

イヤ、という人の中には、売る際に「大事に使ってもらいたい」という
自分のエゴと共に、「買えない方の為に安くおいておこう」「使ってくれるのなら安くおくよ」という思いが入ると思います。
つまり値段の判断の基準がそういった「気持ち」から来てるんですね。
だからこそ、それらを無視して転売する輩の事を気に入らないんでしょう。
しかしながら、このご意見はちょっとまったです。

例えばあなたがどんなに思い入れをそのアイテムに持っていたとしても。
上記のような気持ちで安くしたとしても。

露店を眺める人に、
そういった思いは伝わりません。
安けりゃ買う。高ければ買わない。
皆そんなもんです。
あ、あとですね。
たとえ露店看板に「大事に使ってください」等書いていたとしても、
転売する人はする、という事を頭に入れておきましょう。
どんな気持ちであれ、安く置く方は「転売される可能性」ってものを考えておくべきだと思います。
されたくなければ相場でおくべき。

で、転売は嫌という人の、
むしろこちらが圧倒的に多いのではないでしょうかね。

転売する人間に対して
楽をして金をもうけようとする、その精神
が気に入らないというご意見があります。

転売がそういった理由で嫌という人に対して、
     確かなんだっけ?反論が
「転売は誰でもやってるだろう。
  お前が買ったものはいつか店売りするつもりないなら
  露店に出すだろ?それだって結局は転売以下云々。
  現代の店のシステムだってうんたらかんたら
  転売師がいないと価格崩壊うんたらかんたら」



答えになってないもの持ってきてどーする

殆ど納得されないんじゃないか。と思いますけどね。

「楽をして金を稼ごうとするその精神」
が嫌いなのであって、
そういった事はわかりきってんじゃないですかね?

で、極めつけは

「お前も転売すればいーじゃん^^」

頭弱いなこの人は|ω・`)


さて、こればかりは、人の嫌悪という「感情」
いってみれば「好み」に通ずるものがあるので、
その考えを曲げようとするのはおそらく無理に近いでしょう。
例えば、
すっげぇ嫌いな食い物を
「これ美味いって!」
っていわれても嫌いなもんは嫌いですし。
それと同じようなもんです。

まぁ、転売が嫌って人はそういった思いなのだろうし、
転売別に気にしないよ?という人は、「我は我、人は人」という思いだと思いますし、
転売欲情するほどOKという人は過去にそれで儲けた人なのでしょう。

あ、最後に。


転売されて感情論を書いた人を鼻で笑う人がいたんです。


絶対に友達にはなれねーわと思いました。


この思想に対して、何か見落としている点等もしありましたら、
ご意見くださるとありがたいです。










最近の日記暗くね?
と思ったんで次回はうねるようなほとばしる情熱がいりまじった、
いまだに続けているソロ活動を画像をまじえて欲情しながらお伝えしていきたいと思います。
こんな風に。

「ブレーキ!!!」
「おやかたー!!!!」
「40秒で支度しな!!!」
「おもかじ!逃げろー!!!」
「父さん!僕はかえってきたよー!!」


「蜘蛛の巣だ!」
「君はラピ○タ王の前にいるのだー」
「ひざまずけー命乞いをしろー小僧から石をとりもどせー」
「バルス?」
「目がー、目がー」

スポンサーサイト

Posted by そいちろ | 19:21 | Comment [8] | TrackBack [0] | 未分類

«prev | home | next»

転売かぁー…是非は答えが出るモンじゃないと思ってますけど、肯定か否定かといえば肯定派ですかねー。
そればっかりに一生懸命なのも寂しい話だとは思いますけどもw


「ぱんずーだ!ぱんずーがかえってきたおー!」
「ママより恐いんだ、気をつけろ…」
「これは東洋の計算機だよ」
「風に船を立てな!全速力!」

…ラ○ュタならまけませんよ?www

Commented by あろん [URL] | 05/27 23:54| edit

転売に一生懸命になる人は見てて
萎えると言うかテンションが少しさがっちゃいますねぃ(笑
あらあら(苦笑)みたいな(笑

ラ○ュタなら負けないだと!?

口をつつしみたまえ!君はラ(ry

「ふはははは!見ろ!俺がゴミのようだ!!!!」
「ラン、ランララランランラン(違」
「うみにすててー!!!!」


あろんさんコメントありがとうですちゃん(人´∀`).☆.。.:*・
ギル戦一緒にがんがりましょう!^^b

Commented by そいちろ [URL] | 05/28 21:03| edit

転売ですかぁ、私は転売とはまだ無縁の者なので中立派です。

でも「転売を一緒にやればいいじゃん」って言うのは酷いです。転売うんぬんの問題より人としての問題です。転売をやる人だっていい人はいますが、こういう軽はずみなことを言う人たちのほうが多いんだとおもいます。
転売反対!ってひとは転売だけで金を稼ごうとするのがイヤなんでしょうね。狩りをちょくちょくやり、たまーに転売をするぐらいは許してくれるはずです。そういう人の気持ちも考えずに屁理屈を並べる輩はイヤになります。

最後に一つ、人としてやっていい事とやっちゃいけないことの区別の付かない人は大嫌いです。

Commented by 桃鯖の武道家 [URL] | 05/29 00:04| edit

変に強欲なことをするひとが多いから叩かれ易いんでしょうね。
自分の中では以下の基準。

○いいものが安く売られていたので、購入して一般的な価格で販売する

×金になりそうなものをとにかく安く買い叩いて、割高販売

後者が多いのが現実ですがwそして後者にあてはまる人はほぼ例外なく
利得特化で周り見えてないから余計「転売行為」が叩かれる原因になるんですよね~

市場の流れをよく読み、スマートに売り買いする。こんな転売はむしろ自分は
あこがれますけどね。

Commented by 怒り! [URL] | 05/29 09:27| edit

コメントをよせていただき、大変感謝ですm(_ _)m

>>桃鯖の武道家さん

そう!なんとなくですね、異常なまで転売を賛成する人々の意見は殆どが
「屁理屈」としかとれないようなものを並べていて。
いやいや、この人はそう言ってるんじゃなくて、こう言っているんじゃないか?
という気持ちがその屁理屈を並べている人たちに対して
どんどんと出てきました|ω・`)

「人としての問題」というものを分かっていない書き込みが多いなぁと感じた今日この頃です|ω・`)

>>怒り!さん

>>市場の流れをよく読み、スマートに売り買いする。こんな転売はむしろ自分はあこがれますけどね。

これ、何となく納得しました。
「転売は、市場の価格崩壊を防ぐ働きもするよ」
という考え方を教わった事があります。

>>利得特化で周り見えてないから

そう、まさにこれ。
だから討論するときも答えになってない屁理屈を並べる。
自分達の行動を無理に正当化しようとする方々がね、多くてね|ω・`)ヘキエキ



同じような考え方の方が多く、少し安心しました。
ご意見、ありがとうございましたm(_ _)m

Commented by そいちろ [URL] | 05/30 19:22| edit

転売を肯定します。
世の中のほとんどが転売で成り立っていると思います。
お店で並んでいる物のほとんどが自社製作されたものではなく、セレクトされて、それを販売している店がほとんどだと思います。
それも同じ転売だと思います。ただ転売の意識がないだけで。
ぼくも好きな物を買い、転売しています。
しかし好きだという気持ちは、なかなか転売している人はなかなか認めてもらうことが難しいのが現実です。
興味がなければはじめからそのものを転売なんてしませんし。
まあ気分が悪いのもわかりますが、ぼくはそのものが好きなんで、なるべくわかりやすく自分のほしい物が適正な価格で市場に出てきてくれて、それをかえることは実際に変な値段でなにも興味が自分より薄い人に買われるよりうれしいです。実際そうやって出てきた商品に関して買ったりもします。

Commented by wai [URL] | 12/24 02:11| edit

名前が肯定派になってるにも関わらず、転売に関しては中立な立場を取りたいと思ってる俺が通りますよっと
まあどちらかといわれると肯定派なんけどね(´・ω・)


転売肯定の立場から言うと、まず転売は法律には何ら反していない。そしてゲームの場合においても規約には反していない点から、転売された売主及び第三者が文句をいうのはおかしい。こんな感じなんです。
ここで「じゃあダフ屋はどーなんだよ」と言う人がいますが、実はダフ屋はそこらで一般的に行われてる転売とは違うんですね。
厳密な部分まで書くと長くなってしまうのでそこは省いて結論だけ書きますが、ようは転売される品物に「数制限」があるかどうかです。例外もありますが「数制限」があればグレーゾーン、なければ白。そしてチケットという有限の品物を転売しているダフ屋はこのグレーゾーンに属するわけです。


そして上のほうで「屁理屈」「答えになってない」と言われてる文章(「転売は誰でも~(中略)~価格崩壊うんたらかんたら」)も、並みの読解力がある人ならば落ち着いて転売を毛嫌いする感情を捨てて読めば本当に言いたい事に気づくはずです

その「答えになってない文」が何を言いたいのかよく考えてみれば、
「貴方だっていつか買ったものを使わなくなる時がくる、その時にそれを売れば当然それは転売になる。つまり何時かは誰だって転売することになるのに精神が気に入らないというのはおかしい」こういう事です。
反対派の方はよく「意味わかんね」「答えになってねーよ」といいますが、見ていてそれくらい読み取ってやろうぜ・・・・と思うことが度々あります。

そういえば以前某板で肯定派の「なぜ転売を悪く思うの?」という質問にこんな返答がされていました。
「悪くは思ってないんだよ。ただ買った後高値で売る奴はが気に食わないだけ。俺は在庫捌きたいから安価で置いてるがそれを高値で転売されたときには萎えるわ。別に安価で置いてあるのを相場に近い価格で置いてくれるのは問題ないんだけどねぇ」

これはどうでしょう?転売というのは「他から買った品物を自分がまた売る事」であり、その値段は全く関係ありません。人から買ったものであれば原価より安くしても転売なのです。
ではなぜ安価の時は気にしないのに、高価で転売したら文句を言うのか。
きっと売主さんからしてみたら悔しいんでしょうね。「もうちょっと高くても売れたのかちくしょー」こんな感じですかね。しかしそれはただの私怨や嫉妬、嫉みでありそれを理由に文句言うのがおかしいのは誰でもわかることです。
(さすがにこれは言い過ぎたかな(´・ω・`)?


また議論を見てると反対派には肯定派が説明している文対して重曹の隅を突くようなネチネチとした文句が付けている人が多いのです。
そしてなぜか反対派には論破されると煽りを始める人、大して根拠のある反論もせずに「転売は悪だろ」といかにも俺が法だと言わんばかりの主張をする人、倫理的な話をしているつもりかどうかは知りませんが俺ルール全快で我が道を行く人が非常に多いんですよね。

あくまで話をしようとしているのにまったく困ったものです(´・ω・)


さて、ここまで肯定派として「転売についてどう思うか」「反対派の主張をどう思うか」を書き連ねてきたわけですが、これを読んで反対派が良くなるとは思っていません。作者さん(?)も書いていますが、転売肯定派の考え方が変わることはないでしょう。もちろん反対派もです。
では争いをどう減らすか?という事になりますが。

反対派は品物を売るとき転売される可能性も考慮に入れた値付けをする。
肯定派は露骨な転売(=明らかに反感を買うような転売)を避ける

もうこれしかないんでしょうね(-`)

Commented by 一応肯定派なんだぜ? [URL] | 03/25 15:55| edit

ご意見感謝です。返事が遅れて申し訳ないです。
 
>>waiさんへ
 
んー「店」という概念なんですが、
ネットゲームにおける「転売」と「店」においてのシステムといいますか
仕組みは一緒には出来ないと思います。
なぜ一緒にできないのか。
うーん。自分の考えをきちんと整理する事が出来ないので、
ここで詳しく書くのは出来ないです、すみませんorz
でも、ひとつ言えるのは、

「店」においての「お金を目的とした」転売(取引)は双方納得しているのに対し
ネトゲにおいての「お金を目的とした」転売は双方納得しているわけではない(売り手は釈然としていない)、という事。
ここが重要なポイントなんじゃないかなーと思います。
ここをうまく説明できれば、waiさんを納得させる事が出来るかもしれないのですが
うーん、結構どう説明しようかとか色々考えたんですが、思いつきませんでしたorz
本当に申し訳ないm(_ _)m


>>一応肯定派なんだぜ?さん。

ん?言い方がまずったかな?
 
「貴方だっていつか買ったものを使わなくなる時がくる、その時にそれを売れば当然それは転売になる。つまり何時かは誰だって転売することになるのに精神が気に入らないというのはおかしい」
 
んと、それを言いたいのは反対派の皆さんは分かっている、もしくは読み取っていると思うのです。
分からないのは、
「楽をしてお金を稼ごうという精神が嫌い」という感情に対し
「高く売るために安いものを買う」という行為を納得させる為に
その答えを持ってくる事です。
これこそがおかしい、と私は言いたかったのです。
(本文の言い方が悪くて申し訳ないです。)
 
ところで、
「使うために買って使わなくなったから売る」のではなく
「高く売るために安いものを買う。」
そもそも転売をする上での「目的」そのものが異なります。
反対派と肯定派で何かがごっちゃになって論じているからこそ争いが絶えないのでは?
と思うのです。
 
さて、それではその「何か」を考えてみると、
目的は違えど「転売」は「転売」です。
そういう意味では肯定派の方々の上記の一説はあるひとつの方向性として正しいと言えますが、
転売反対派のかたがたは、転売の中でも「高く売るために安いものを買う→楽をしてお金を儲ける」精神が嫌いなのです。
反対派の方は、これを総じて「転売」と言っています。
それに対し、
肯定派の方は、「転売」という言葉そのものを捉えて論じている気がします。
この時点で既にズレが出てきている、と私は思っています。
 
このズレがなくならない限り、転売についての論議が終わることはないと思います。
 
中間の文で「言い過ぎたか?」の点に関してはいいすぎとは思いません。
的を射ている部分が多分にあると自分も思いますし、
きっと自分もその人と同じ気持ちになるかもしれないですから。
 
で、最後に、個人的に、貴方に、ひとつ聞きたい。
「 これを読んで反対派が良くなるとは思っていません 」
 
良くなる?

ん?

良くなる??どういう意味でしょう?
どちらが悪いもありませんよ?これは。

Commented by そいちろ [URL] | 04/07 17:56| edit

TrackBackURL: http://watasesou.blog50.fc2.com/tb.php/49-6854fabd

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。