更新停滞日記。

のんびりまったりまいぺぇす。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by そいちろ | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

02 2008

有難うございます><

ケンタッキーのCMの
登場している女の子の顔が
どうも民主党の小沢さんに似ている気がしてしょうがないそいちろです。
皆さんこんばんは。
 
さてさて、
今月のランキング、16位でして、相変わらず化石化しているサイトに投票してくださり、
皆さん本当にありがとうございますm( _  _ ;)m
就職してから中々時間がとれなくてアップアップです>q<
育成人についての更新をしますた!
ギルドデストロイの使用感を送ってくださった方ごめんなさい つдT
今T品のコーナー別個に作ろうかとかまだまだ思案中 つдT

 
就職について。
とりあえずどんな職業か、なんですけど、
電気関係の器具を販売する業者であります。
先輩とか課長とか社長とか皆優しい方ばかりなので、
さっさと一人前になって恩返しせねば。
つーか会社にとっちゃ、新入社員なんてぶっちゃけお荷物で、
新入社員の給料だって言って見れば「投資」なわけです。
つまり会社は大損です。
   
まぁあれだ
というわけでちゃっちゃと仕事を覚えて
自分を入れてくださった会社に絶対損をさせないよう頑張るぞ!|ω・´*)フンフン!
 
----------------
 
最近の思ったこと。
 
太田総理の4時間スペシャルだったかな?11月21日放送のやつで
 
「親は、子供と友達のような関係でいいじゃないか」
っていう意見の女性タレントがいたんですけど
自分はこの女性タレントの言い分に違和感を覚えました。
いえ、別に
「友達のような関係を築く事は悪い事だ」などは全く思ってませんし
「友達のような関係を築くことそのものが嫌い」というわけでもないのです。
自分はこれも一つの親子関係のありかただと思います。
 
自分がこの女性タレントに違和感を覚えたのは
彼女がある一つの「子に対しての親の在り方」を否定したからです。
どういう在り方を否定したかというと、

「親が子に対し、絶対的な権威を持っている」
というもの。

なぜならば、彼女はこういう典型的な関係をもつ、親に対して
「親の権威をかざすようなのは」
と言ってたからです。
 
この「かざす」という言葉が僕の中に引っ掛かりを生みました。
かざす?|ω・)・・・・。
 
「親の権威」をかざす親なんて、いません。
何でそう思ったかといえば、例えば親としての権威をかざすって
つまりこういう事です。
「お前は子供なんだから親に従え!」
こんな事言う親、もしくはそれを地でいって言動もしくは行動してる人って
既に親としての権威は崩壊してるのではないでしょうか
それはもう「権威」なんじゃなくて絶対的な言葉の「暴力」に近いものです。
 
だからこそ、「親が子に対し、絶対的な権威を持っている」という在り方を
「親の権威をかざしている」という言葉に結び付けているこの女性タレントの言葉に、
自分は違和感を感じました。

んぢゃ、
親としての「権威」ってどうやって生まれるのか。
自分が思うに、権威というものは、
・夫婦がお互い尊重しあって作り上げていく、その「信頼」
・夫婦間の、相手に対する「尊敬」
・子供に対する「愛情」
まだまだあるかもしれませんが
どれか一つを子供が理解し、とにもかくにも
親を尊敬したときに初めて生まれるものだと思ってます。
 
なんかなー。
この女性タレントの物言いがずーっと気になってて
ブログに書こうと思ってたので書いて見ました。
まぁあれだ、「友達のような親子関係」がいいって言ってますけど
「親の権威を保ちつつ、友達のように仲良く話せる親子関係」を目指すことはしないのかな・・・?
と自分は思ってました。
てか、どーして「親の権威」ってのと「友達のような親子関係」ってのを
別個にして対立させて討論してるんですかね。
そこも気になりました。
なーんか最近のTVのあり方と、自分の感覚、ずれてんなー。
 
あぁ、ここまで力いっぱい語ってきて、ふと気づいた。
俺には結婚相手どころか
彼女すらいねぇ
なんだこの自身にたいする違和感は。
この女性タレントを批判する前に
一人の女を一生幸せにする位の甲斐性を持て、という話。


-----
 
アントニオ猪木がその番組で
「子供に夢を持てというなら、まず大人が夢を持て」
というような格言を発表してて
うおおおおおお良いこと言うぜアントニオー!とか思ってたら
「子供に夢を持てと言うな!」
という言葉をドーン!と出した人が居た。
 
ヒキコモリやニートを16年カウンセリング(かな?)した人だからこそ、
「子供に夢を持てと言うな」ってのも分からんでもないけど、
なんつーんだろう、
 
なんかズレてる感が否めない・・・|ω・;)
 
-----

あと話は変わるんですが
日曜日の朝にあった番組。徳光さんが出てるやつか。

前後の文脈などを拾い上げず、麻生総理の極端な一言、それだけを誇張し
麻生総理をこきおろそうというマスコミの汚いやり方を
行列のできる法律事務所でおなじみの北村弁護士が怒って批判していた。
 
そしたら周りのコメンテーター二人が
「まぁ麻生さんが極端な言い方をしなければいいんですよ」
とか見当外れな意見を言ってますます北村さんを怒らせてた。
このコメンテーター二人は人を怒らせるのが仕事?(´・ω・)
自分のTV離れがますます加速していくのを感じる・・・|ω・)
恣意的に相手の真意を捻じ曲げて報道するマスコミより
ネットで、あるニュースに対しての2ちゃんねらの意見とかぼんやりみた方が
よっぽどマシだと思ってしまう自分は結構ひねくれてます|ω・)

スポンサーサイト

Posted by そいちろ | 00:41 | Comment [3] | TrackBack [0] | 未分類

«prev | home | next»

2chよく見てる私が通りまs

住民のコメントを見てるとこれが国民の意見なんだろうなぁとつくづく思います
コメントしてる人ってそれこそ千差万別ですし、真面目に働いてる社会人も多数居ますしね
ちょっとアンチ女性に偏り気味ですが

極端に言えばコメンテーターは自分の屁理屈言って周りを煽ってお金取る仕事です
まともに学があることを求めるのが間違ってるんですよ
周囲で起きてることとかちゃんと客観的に検証したデータとか持たないでほとんど自分の感情だけでしゃべってんですから

Commented by クロ [URL] | 12/02 01:05| edit

初めまして。いつもこっそり見てます|ョω・`)

そいちろさんの言いたいことはすごく分かります。すごく。
親という存在がどんなものなのか。変わってきてしまってると思います。
昔は絶対的な存在であったはず。
しかし、時が流れ子供も親を軽視していると思います。
今の若い大人の人が子供過ぎる気もしますが。
Alwaysみたいな時代がある意味理想だったのかもしれませんね。
・・・平成生まれですが(;^ω^)


コメンテーターの件についてですが、やはりこちらも最近すごく見かけます。
コイツちゃんと考えて喋ってのか?と。
マスコミもひどいですよね。
ここまでくると何を信じていいのやら。どれが事実でどれが嘘なのか。
見る側の自分たちはそれ以外に情報を仕入れる術がないんですから。

情報操作って怖い。ほんとそう思います><

Commented by りーど [URL] | 12/03 14:12| edit

ご意見ありがとうございます><
 
>>クロさん
 
実際に2chの情報やその勢いで影響を受けるところがあるというのを
まざまざと見せ付けられると、
クロさんの仰る通り、
やはりこれは無視できない情報群なのでは、と思います。
そして、TVはもう何の説得力も持っていません。
事実を伝えるツールに成り下がっています。
下手な情報操作は、衰退の一途をたどると思います。
 
大衆の前でコメントするなら
最低限相手に筋の通った返答をしてほしいところです。
こういう人たちがいるからTV離れが自分の中でとまりません。
 
>>りーどさん
 
ですです。
親は子供に舐められてはならんと思います。
そのためには時には叱り飛ばすこともせねばならないし、
子供から嫌われる覚悟をせねばならないと思います。
 
「友達のような関係がいい」と言う人は大抵、
では具体的にどうやって子供と接していくのかを言わず、
「親が子供に対して権威を持つ」スタイルを否定するだけです。
そこがいつもきになります。
子供が間違った道を選んだとき、それをどう正していくのだろう。
友達のような関係でどんな間違った道からでも、
正しい道へ引き戻す事が出来るなら、
それが一番いいことだとは思うのだけれど、という感じです。

Commented by そいちろ [URL] | 12/08 23:29| edit

TrackBackURL: http://watasesou.blog50.fc2.com/tb.php/346-83eea304

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。