更新停滞日記。

のんびりまったりまいぺぇす。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by そいちろ | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

11 2008

日本の過去の侵略行為を正当化する論文を発表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長
の話題が未だにNHKラジオニュースで流れてます。
 
うーん。
 
何でまだこの話、続いているんだろう
 
話の内容はさておいて。
表現の自由に照らし合わせると、この人のした事になんら問題は無いと自分は思います。
かつこの人は航空幕僚長としての立場ではなく、個人として発表してます。
 
何が前提か、ですよね。
 
表現の自由が前提で、自衛隊の一人としているのか、
自衛隊の一人というのを前提として、表現の自由と付き合っていくのか。
 
自分は前者が当然なんじゃないか、とか思ってるんですけど
どうやら後者の意見が圧倒的らしく。
 
うーん。「不謹慎」にあたるんですかね?
 
戦争という60年前の事を持ち出されてもイマイチ感覚がつかめないので、
違う例を挙げてみると、

勿論「先生」という立場にたった時は、その辺はわきまえているけれど、 
個人として「私は生徒と恋愛するのはアリだと思う!」って論文を書くみたいな?
 
そんな感じなのかな?
んむう、でもこれだとやっぱり何か嫌かもなー。
これと同じような嫌悪感を田母神さんに対して向けている人が多くいるってことかー。
 
んで。
 
まぁそれが問題になって更迭されて。
そこで話題は終わりだと思ったんです。
 
でも、まだ続いてます。
 
 
 日本の過去の侵略行為を正当化する論文を発表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長に対する参考人質疑が11日、参院外交防衛委員会で行われる。野党側は、政府見解と異なる歴史認識を持つ田母神氏を航空自衛隊トップに任命した政府の責任を取り上げ、シビリアンコントロール(文民統制)の原則に反すると追及する。多数の自衛官の論文応募に、空自が組織としてどこまで関与していたかも焦点となる。
 野党は、論文で「日本が侵略国家だったというのはぬれぎぬ」などと書いた田母神氏に、歴史認識を改めてただす。政府見解に反する主張をする人物を幕僚長にまで昇進させた政府内のチェック体制の甘さを浮き彫りにする方針だ。同氏は懲戒処分の審理に応じる考えがあったとされることから、懲戒免職の手続きを取らずに定年退職とした防衛省の対応も徹底追及する。 
 懸賞論文には田母神氏のほか、空自隊員94人が応募した。このうち同氏がかつて基地司令を務めた空自小松基地(石川県)第6航空団所属の62人について、防衛省の増田好平事務次官は10日の記者会見で、同空団が論文をいったん取りまとめた上で応募していたと説明。空団による一定の組織的関与があったことを認めたが、田母神氏の指示があったかどうかなどは「現時点で確認されていない」とした。
 11日の質疑は、田母神氏1人に各党が質問する通常の参考人招致ではなく、新テロ対策特別措置法改正案の審議に同氏が出席、質問者から指名された場合に限って答弁する形式で実施される。同氏に持論を展開されることを警戒する自民党の要求を民主党が受け入れた。テレビ中継も行われない。(了)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008111000877
 
 
 
政府見解に反する主張をする人物を
幕僚長にまで昇進させた政府内のチェック体制の甘さを浮き彫りにってありますが
それはそれだけ、田母神さんが個人としての考えを斬り捨てた上で、
自衛隊という職務をまっとうしていたって事じゃないのかなーと思うんですけど。
だからこそ防衛省の対応も、懲戒免職の手続きを取らずに定年退職としたんじゃないかな、
と思いました。
 
論ずる必要もないと思うんですがねー|ω・)
 
なんか異常な空気を感じました。
テレビ中継も行われないという事らしいですね。
なんか田母神俊雄前航空幕僚長が必要以上に非難されてるような印象を受けてます。
なんだかなー。

スポンサーサイト

Posted by そいちろ | 12:40 | Comment [8] | TrackBack [0] | 未分類

«prev | home | next»

んー・・・自衛官というのは公務員でも結構特殊な部類で国家機密
みたいのにも絡んでいるので色々煩いみたいですよー。

『個人として』海外に行くのも中々難しかったりするし、色々クリア
して、行くコトにこぎつけたとしても旅行行程をこまかく報告しなく
てはならなくてツアーなどにある(自由行動)とか(フリータイム)って
いうのは許されないらしくて買い物するならするで何時から何時まで
どこそこで買い物、何時から何時までどこそこ、みたいな感じに事前
に申請しないといけないくらい厳しいのだそうで。
知人の旦那さんで自衛隊の潜水艦に乗っている人がいますが、任務に
行く時も奥さんや子供は勿論友達親兄弟にもどこに行くかは教えては
いけないし、いつ出航していつ帰ってくるというのもならないんだそ
うで。
厳密に言うと少し違うのかもですが自衛官になった時点で『個人』っ
ていう立場は無くなってしまうようですね。
○○さんという個人ではなく自衛官でいる限りは24時間365日自衛官
という事になるみたいです。

だから元幕僚長というのも特にトップの人間だし国から選ばれてなる
ものだから『個人が』発表した論文でも『個人』のものではなくなっ
てしまうのかもですねー。
そもそも自衛官として『個人』というものは無いわけなので。
個人が何を考えていても自衛官である限りは表に出る部分は国が白
と言っていれば明らかに黒くても白と言わないとならないのでしょ
うねー。

Commented by すかる [URL] | 11/11 16:32| edit

公人にプライベートはありません。

僕が一番解せないのは、揚げ足とりに終始するメディアの姿勢です。
作り出した失言よりも、もっと報道するものがあると思います。

Commented by ななす [URL] | 11/11 22:44| edit

公人にプライベートはありません。

そんなわけ無いでしょwww
天皇陛下だろうが米国総理大臣だろうがプライベートはありますwww
まま、航空幕僚長の件ですが、大東亜戦争(あえてw)を正当化しているとの
意見も有りますが、私は変だと感じませんでしたが。。。皆さん変だとおもったんですかね?
朝のみのさんの番組でも批判していたようですが、TBSだからでしょ?と思いましたが。。。

大東亜戦争は侵略戦争とは思ってないのですが、ネトウヨ扱いされるのでここまでにしておきます。

そういちろさん、わざわざ日記に記載するぐらいだから、なんか意見あるんですよね?
反応を見ながら当たり障りの無い書き込みをするつもりじゃないですよね?



Commented by 狼の名を継ぐ者 [URL] | 11/12 23:10| edit

この人は幕僚長、つまり世界から見てこの人の発言は日本がこういう考えを抱いているということで伝わってしまう可能性があるから今回ここまで叩かれています
個人の意見として論文を発表するにはかまいません
しかし、この人の立場でこの論文を発表することは外交にまで影響してしまうのです
個人の自由の大前提は、公共の福祉に反しないこと
これは義務教育で皆さん習うので、知らない人はいないはず
今回のケースはこれなのです
個人の思想を発表することにより公共の福祉に反しているため、行動が認められていないんです
外国との関係を保つには綺麗事だけじゃ正直不可能であり、駆け引きが重要です
今回のようなことがあると、諸外国はこのことを取り上げて日本と外交する際のカードにするでしょう
そうなると日本が不利になっちゃいますよね
過去のことを現在にもってくるなと言う方もいますが、個人ではなく国同士の交流となった際にはそれは通じないんですよ
過去の事件は一度印象が根付いてしまえばそれが無実であることを証明することは非常に困難です
それに例え無実を訴えたとしても相手(被害国)が認めなかったら水掛け論が続くだけで進展しません
今確たる物的証拠を用意することはほぼ不可能なんですから、触れない方がいいんですよ
放っておけば取り上げられないんですから
世の中正しいことを証明することが常に正しいとは限りません
その正義は個人レベルであり、組織レベルで見るならその他に先にやるべきことの方が圧倒的に多いです

マスコミの書き方がお察しみたいなのはいつものことですね

Commented by クロ [URL] | 11/13 00:42| edit

 公人にはプライバシーはありますが、プライベートはありません。混同されぬよう。

 今回の件で一番問題にされているのは、彼の思想が偏っているとか論文の内容が事実とは違うとかそういうことではなく、彼が「文民統制」という自衛隊としての基本概念を覆しかねない思想の持ち主であるということです。
 制服組に軍服を着ている人がはむかっている、その事実が問題なんです。右か左か、そういう問題じゃありません。

Commented by ななす [URL] | 11/13 00:56| edit

なんだか濃い話になってるけどもつっこみ1つをば・・
「文民」という基準は、「政府見解」に必ず沿って無くてはいけないものなのかな?
もちろん対外交では正義や正しい事、真実がそのまままかり通るわけは無いのだが、どうも国内の戦前の問題への叩き方が最近怖い形になってる気がするのです。
逆の意見を全く受け入れようとしない、異常だ、そういう叩き方を感じます。

今の国民の意見とマスゴミ様の意見は、少々齟齬が出てきている気がするのですよ。

Commented by ほし [URL] | 11/13 10:43| edit

むお、多くのご意見ありがとうございます!><*

>>すかるさん
 
ほほう!自衛隊ってのは、
そこまで行動が制限されてしまう、厳しいものなのですな!|ω・´;)うーむ
ふーむ、自分が「個人」として出したつもりでも
周りがそれを認めない、という事ですな・・・。
んーむ。
 
今回の争点ってのは「立場」だけかと思ったら、それだけではないんですなぁ。
皆さんのコメント見て初めて気づいたってかんじです。
 
>>ななすさん
 
ふーむ、すかるさんのおっしゃる通り、
確かにプライバシーはあってもプライベートは無さげですなー|ω・;)んーむ
 
そう、よく使われる「シビリアンコントロール」この言葉って
 
「国民が、軍隊を、国民が選んだ政治家を通じて、コントロールする事」
ですよね?
 
あくまで主役は政府とか、お偉いさんではなくて、『国民』である、と自分は感じました。
自衛隊、というのはそれに対して忠実であるべきなのでしょう。
だからこそ、意見を出す事で国民に対して啓発を促す事が問題に・・・
あれ?それだと
「 政治見解と異なるものを発表したことが問題 」にはならないですね。
 
例えば「日本は侵略国家だったのだ」という文章を書いたとして
政治見解と同じものを発表したとしても
国民に対して啓発してますから、それはそれで
「文民統制」という点で問題になるはずです。
 
なぜ「文民統制」と「政治見解と異なるものを発表したこと」
この二点が問題になるんでしょう?|ω・;)んーむ。
 
あー、あれか、
「文民統制」という点については、たとえ個人で発表したとしても
 立場的に意見をだす事、それそのものが問題であるという事。
そして、「政治見解と異なるものを発表したこと」については、
極端な例をあげると
「 会社の方針(←この言い方もちょっとあれだなぁ)に部長さんが噛み付いた 」 みたいな
感じで、だから問題なんですかね。
 
それにしても『国民』が本当に軍を動かしているんですかね?
なんていうか国民の総意がおいてけぼりで
『政府』が突っ走っちゃってるような感がありますが。気になるところです。
しかしこれも自分が右寄りだからですかねぇ|ω・)んーむ
 
あ、マスコミに対しては自分も同じような感じです。
揚げ足取りという、中学生でもしないような低レベルな報道は
やめてほしいですなー。
 
>>狼の名をつぐ者さん
 
はい。あります。
個人的には田母神さんの意見を尊重しており、
それはさておき、
特に日本人特有の自虐史観はどーにかならんものかと思ってます。
んで、
この自分の意見も今回の日記で田母神さんの意見をとりいれながら書こうと、
そう思っておりましたが、
これを書いてしまうと皆さんに対しての
「自分が本当に伝えたい事」ってのがあいまいになると思ったんです。
あくまで今回の話は、
「自衛隊という立場の人が、個人として思想を発表することが問題か否か」
です。
ここをちょっと追求したかったので、自分の意見は抑えました。
ご理解いただけるとありがたいですm(_ _)m

次回の日記でちょっとそこらへんを書きたいと思ってます。
 
>>クロさん
 
ふむ!
 
田母神さんのした事、というのが
「平和」というものをひっくり返してしまう恐れのあるものであったならば
うおおおい、やめとけやめとけ!みたいな感じになっちゃうのは
仕方ないですのぅ。
 
個人に出したにしろ、そして例えば国民の殆どがそれに納得したとしても
それに納得しない問題視した諸外国が警戒する、となると
それはそれでまた問題っちゃ問題ですねぃ。
 
うおー、「公共の福祉」という言葉の意味をきちんと把握してなくて
グーグル大先生に聞いたんですが、深いですな!|ωФ;)
 
>>ほしさん
 
いえ、文民統制という言葉を調べて見るとですね
あくまで
「国民が、軍隊を、政治家(国民が選んだ)を通じて、コントロールする事」
であり、
政府見解とまったく別個のものだと思うんですよね。
これは自分が判断したことなんですが、(間違っていたら申し訳ない)
 
文民統制での問題点というのは
自衛隊は(間接的であれ、)国民に従って活動している。
その『したがっている』立場の人が、国民の認識や考え方を変化させるような
事を発表するのが問題ではないのかな?と。
たとえ、そのひとが国民の一人として発表したとしてもです。
 
んで、政府見解と異なるのが問題というのは、
やっぱり
会社の方針に、部長クラスの人が「そりゃーちがう!」と言っているからじゃないかな?
と思いました。
 
そうです。マスコミと国民のこう、思想?というかスタンス?
が本当に今同じかどうなのか、です。
何ていいますか、麻生さんに対してもそうですし、
田母神さんに対してもそうです。
麻生さんは別に「支持しまくってるぞおおお」ってなわけでもないんですが
どちらかというと支持してます。
そして自分は自他共に認める右よりです。
だからそう感じてしまうんですかねぃ。
マスコミに対して、うーむ、と唸ってしまうところ。
 
 
 
-----------
 
 
皆さんご意見ありがとうございました|ω・´*)ゝ
さて、次回は自分の『戦争』に対しての考え、スタンスをちょろっと書こうと思います。
前にもほんの少し戦争においての考えをあげたのですが
もうすこし詳しく、「これから戦争がおきたら」みたいな感じで書いて見ようかなと。

Commented by そいちろ [URL] | 11/13 14:31| edit

あー、っと
追記。
 
皆さんの意見を受けて自分が田母神さんに対して思うことも
次回の日記でわさわさ書こうと思ってます。

Commented by そいちろ [URL] | 11/13 14:34| edit

TrackBackURL: http://watasesou.blog50.fc2.com/tb.php/343-404b249c

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。