更新停滞日記。

のんびりまったりまいぺぇす。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by そいちろ | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

11 2008

日本の過去の侵略行為を正当化する論文を発表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長
の話題が未だにNHKラジオニュースで流れてます。
 
うーん。
 
何でまだこの話、続いているんだろう
 
話の内容はさておいて。
表現の自由に照らし合わせると、この人のした事になんら問題は無いと自分は思います。
かつこの人は航空幕僚長としての立場ではなく、個人として発表してます。
 
何が前提か、ですよね。
 
表現の自由が前提で、自衛隊の一人としているのか、
自衛隊の一人というのを前提として、表現の自由と付き合っていくのか。
 
自分は前者が当然なんじゃないか、とか思ってるんですけど
どうやら後者の意見が圧倒的らしく。
 
うーん。「不謹慎」にあたるんですかね?
 
戦争という60年前の事を持ち出されてもイマイチ感覚がつかめないので、
違う例を挙げてみると、

勿論「先生」という立場にたった時は、その辺はわきまえているけれど、 
個人として「私は生徒と恋愛するのはアリだと思う!」って論文を書くみたいな?
 
そんな感じなのかな?
んむう、でもこれだとやっぱり何か嫌かもなー。
これと同じような嫌悪感を田母神さんに対して向けている人が多くいるってことかー。
 
んで。
 
まぁそれが問題になって更迭されて。
そこで話題は終わりだと思ったんです。
 
でも、まだ続いてます。
 
 
 日本の過去の侵略行為を正当化する論文を発表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長に対する参考人質疑が11日、参院外交防衛委員会で行われる。野党側は、政府見解と異なる歴史認識を持つ田母神氏を航空自衛隊トップに任命した政府の責任を取り上げ、シビリアンコントロール(文民統制)の原則に反すると追及する。多数の自衛官の論文応募に、空自が組織としてどこまで関与していたかも焦点となる。
 野党は、論文で「日本が侵略国家だったというのはぬれぎぬ」などと書いた田母神氏に、歴史認識を改めてただす。政府見解に反する主張をする人物を幕僚長にまで昇進させた政府内のチェック体制の甘さを浮き彫りにする方針だ。同氏は懲戒処分の審理に応じる考えがあったとされることから、懲戒免職の手続きを取らずに定年退職とした防衛省の対応も徹底追及する。 
 懸賞論文には田母神氏のほか、空自隊員94人が応募した。このうち同氏がかつて基地司令を務めた空自小松基地(石川県)第6航空団所属の62人について、防衛省の増田好平事務次官は10日の記者会見で、同空団が論文をいったん取りまとめた上で応募していたと説明。空団による一定の組織的関与があったことを認めたが、田母神氏の指示があったかどうかなどは「現時点で確認されていない」とした。
 11日の質疑は、田母神氏1人に各党が質問する通常の参考人招致ではなく、新テロ対策特別措置法改正案の審議に同氏が出席、質問者から指名された場合に限って答弁する形式で実施される。同氏に持論を展開されることを警戒する自民党の要求を民主党が受け入れた。テレビ中継も行われない。(了)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008111000877
 
 
 
政府見解に反する主張をする人物を
幕僚長にまで昇進させた政府内のチェック体制の甘さを浮き彫りにってありますが
それはそれだけ、田母神さんが個人としての考えを斬り捨てた上で、
自衛隊という職務をまっとうしていたって事じゃないのかなーと思うんですけど。
だからこそ防衛省の対応も、懲戒免職の手続きを取らずに定年退職としたんじゃないかな、
と思いました。
 
論ずる必要もないと思うんですがねー|ω・)
 
なんか異常な空気を感じました。
テレビ中継も行われないという事らしいですね。
なんか田母神俊雄前航空幕僚長が必要以上に非難されてるような印象を受けてます。
なんだかなー。

スポンサーサイト

Posted by そいちろ | 12:40 | Comment [8] | TrackBack [0] | 未分類

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。