更新停滞日記。

のんびりまったりまいぺぇす。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by そいちろ | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

08 2008

大量殺人

三笠フーズ 

10年前からカビ毒米混ぜた
ってのはニュースで皆さん知ってると思います。
注目すべきはカビ毒のアフラトキシンB1が検出された、と。
 
このアフラトキシンB1なんですが、
wikiによると
アフラトキシンは地上最強の天然発癌物質であり、
その毒性はダイオキシンの10倍以上といわれる(詳細はIARC発がん性リスク一覧参照)。
主に、肝細胞癌(肝臓に発生する腫瘍の一つ。悪性)を引き起こす原因物質として知られている。
アフラトキシンは少なくとも13種類(代表的なものは B1、B2、G1、G2、M1 の5種類)に分かれるが、
毒性はB1が最も強い
発癌機構として、アフラトキシンは肝臓の代謝酵素シトクロムP450によって活性化され、
それがDNAと結合して付加体を形成する。
付加体は、DNAの変異や複製阻害を引き起こし、
癌化のイニシエーターとなることが報告されている。
ラットを使用した実験では、100%の発癌性を示すなど、
非常に悪性が強い事が分かっている。
 
地上最強の天然発ガン物質らしいです。
ちなみに10億グラム中に1.5グラムの濃度で、100%発癌、と。
 

ちなみに三笠フーズは西日本を中心に、この毒米をばら撒いたらしく。
 
国立がんセンターがん対策情報センターによると、
 
saturiku.jpg
<こちらの画像は国立がんセンターがん対策情報センターに帰属します>

肝臓癌による死亡率が爆発的に増加してます。
しかも西日本を中心にです。
 
憶測で物を言っちゃいけないかもしれませんが、
肝臓癌に、ほぼ確実にこの毒米が関わってると思うんですが。
 
はっきり言っていいですか?
100歩譲ってこの毒米がこの肝臓癌の増加の原因でないかもしれませんが、
これ、ともすれば
大量殺戮兵器なんでは?
 
西日本の人たちは本当に短い周期で定期健診うけたほうがいい
と思います。これは本当に笑いどころでは無い。
西日本にいってご飯を食べた人も、念のため、念のためです。
10年後、ともすれば20年後、肝臓癌になる確率はますます増えていくと思います。
 
 
 
この事件、偽証罪だけで済むのか?
大量殺人未遂罪じゃないのか?テロだろこれは。

スポンサーサイト

Posted by そいちろ | 20:36 | Comment [4] | TrackBack [0] | 未分類

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。