更新停滞日記。

のんびりまったりまいぺぇす。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by そいちろ | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

21 2006

Inしづらひ…

現在のRSが重いから入れる入れないなのではなくて、
ちとリアルが忙しくなってきたので、限られた時間を有効利用しながらちょこちょこ入ってます。

さてさてちょっとした小話。

チャット欄でシフトを押しつつカーソルの↑を押すと、
チャットでうったメッセージ履歴が出てきます|ω・´)
同じ内容の長々とした言葉をもう一度うたねばならない時などに
効果的です。

ただし、これは叫んだものそれ自体には適用されないため、
履歴を残して何度も同じものを叫びたい場合、
まず、叫びではなく、普通にチャットをうち、表示させてから

履歴で表示→
そのメッセージの先頭に半角びっくりマーク半角スペース→
叫ぶ

という手順です。


なぜわざわざ書いたかと申しますと…

最初のチャット表示は叫びミスじゃないんだ、

信じてくれスティーブ!!!|Д`*)ハァハァ


…二回連続で間違えたけどな、うん。



あとちょっと気になる事なんかを少々。

ソロにて誰かが狩っている場所に、
無言で座り込む人がいます。
端的に言うと「まぁおそらく、待っているのだろう」人。
待っておらず、別の目的で座っていたとしても、

正直なんだか狩っている身としては、
居心地悪いです。

「お前がどこかへ行った瞬間、俺狩るね?」
もしくは、
「次狩りますから早めにどいてください」
と言ってるのと同じです。

待ってる本人にその気があろーがなかろーが、
狩っている人はそう取る可能性が高いです。
別に待つこと自体は全く問題ないと僕は思ってます。
ただ、待つのであれ、別の目的でそこにいるのであれ、
無言だとプレッシャーを与えてるよ?という話。

一言くらい入れたらいいのに、といつも思う。

「次に自分が狩ってもいいですか?」
「あ、別に待ってるわけじゃないっす」

この一言を挟むだけで、全然違う。
そしたら狩っている立場だって、その人が待つ場合は
「でも、かなりの間、
 自分はここにいるつもりですけど、いいですか?」
とか、
「あと30分であがりますね|ω・*)」
など、コミュニケートが取れる。

自分が体験したわけではないが、
無言で待ってる人間がいて。
狩ってる人間が不本意で死んでしまった時、オーブ(?)で元の場所に戻ったら
その人が既に狩ってたという。

んまー別にその狩り始めた人に悪い所は何もありませんよ。
ありませんが、それで元狩ってた人はいい感情になりますかね?

これは感覚の問題です。正解などありません。
ただ、なんと申しますか、こういう風に、
プレッシャーに感じる人だっている
無言が嫌という人もいる
という事は分かっておいて欲しいな、と。

あとも一つ。
コミュニケートとって「次使っていいですか?」と言い、
許可された後、何も言わずにどこかへ行く人いますね?
これ暗に「移動するとき耳してくれ」って言ってるのでしょうか。

確かにコミュニケートをとったとしても、
その場で待つのはちょっと退屈だし、
相手が少しプレッシャー感じるかもしれません。

しかし、それを考慮したとしても、

言って許可求めるならまだしも、無言ってどうよ。

耳されなくても文句は言うなよ?

と声を大にして言いたい。
何でわざわざお前さんに耳しないとならんの?|ω・`)ん?

や、別にね、バックスペースでそいつの名前入れて「あけますよー」という位、造作もありませんよ?
でもね、造作もない事だとは思うが、

してもらう方の立場である人間が、
「それをするのが当然」だと考えるのはいかがなものか。

耳して欲しいなら「耳をしてもらっても良いでしょうか」位言え。

レイスやネクロの待ちPTで、
待ち中にソロする人間が嫌いな人がいる。
嫌いな理由の一つに同じようなものがある。
「どうしてわざわざPTチャットで順番が来るのを伝えねばならぬのか」

「別にそれくらいいいじゃないか」
と思う人は必ずいると思います。
ぶっちゃけ自分もそう思います。
だからこそ、相手に何も言わず、
「順番もうすぐ来ますよ」とか、
ソロで言えば相手に耳を、「あけますよー|ω・*)」等、普通にします。

ただね?
「別にそれ位いいじゃないか」
と思うのは、する方の立場だからそう思うのであって、
してもらう方の立場で考えるならそうは思いません。

ちょっとは「する方の気持ちも考えようや」と。



これが最近思ったこと。




最後に。
自分が反省せねばならない事。

仲が良くなってくると良くなってきた分だけ
「親しみ」が大きくなる代わりに
知らず知らずの内に「礼儀」を省くことが多くなってくる傾向が、
自分にはある。


たとえば、友達に「相場」を聞いたりした時に、
お礼を言い忘れる等。
これが一回なら許される。
でも自分はきちんとお礼を言っていたか?
振り返った時に何度お礼を言い忘れたかわからないのだ。
十回に一回程度なら大体、
「お礼言ってたよな」と思うはずだ。


はっきりいって、致命的だ。
絶対にこれ以外で、
自分が友達に対して礼儀を欠いていたり、
無礼な事をしている事は絶対にある。


「親しき仲にも礼儀あり」

という言葉を、今、自分は一番学ばねばならない。

スポンサーサイト

Posted by そいちろ | 23:55 | Comment [6] | TrackBack [0] | 未分類

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。